飲み物代を手軽に節約!一人暮らしの節約術

ペットボトルの飲み物代は意外とかかる

一人暮らしの食費や飲み物にかかる費用はなるべく節約したいものです。特にペットボトルの飲み物を買っている方は、飲み物を自分で作って持ち歩くだけで、かなりの節約になります。たとえば、自販機で500ml160円のペットボトルの飲み物を1ヶ月毎日購入する場合は、月に4,800円の費用がかかります。夏場などはもっと費用がかさむかもしれません。1本ずつの出費は小さいペットボトルの飲み物ですが、1ヶ月でみると一人暮らしの生活において決して小さくはない出費になります。これに対して、麦茶のティーバッグを購入して自分で作る場合、おおよそ50パックで200~300円と非常に出費が少なくなり、節約できることがわかります。

水出し麦茶を水筒に入れて持ち歩こう

低カロリーで体にも良い麦茶のティーバッグは、水出しのできるものがおすすめです。水出し麦茶はお湯を沸かす手間を省きたい人にぴったりです。1パックでおよそ1Lの麦茶を作ることができるので、いつでも飲めるように冷蔵庫にストックしておきましょう。麦茶を持ち歩くときは、まずは100円ショップなどで購入できるタンブラーやペットボトルに入れるのがおすすめです。このとき、洗いやすい水筒を選ぶのが持ち歩きを続けるコツです。また、安価な水筒は汚れたら気軽に捨てることができるので衛生的です。自作の飲み物を続けられそうだと感じたら、保温効果の高い水筒を買ってみても良いでしょう。ぜひ手軽にできる飲み物代の節約を試してみてくださいね。

使用頻度の低い家電を購入すると、使わず無駄になる事があります。家具の家電のレンタルは、使いたい時に使いたいだけ借り、利用料だけ支払います。最新の製品も利用でき購入よりお得で、購入前の試用にも使えます。